忍者ブログ
Admin / Write / Res
神越渓谷マス釣場社員のブログ
プロフィール
HN:
joh
性別:
男性
自己紹介:
神越渓谷マス釣り場で働いてます。
妻アーヤ
長女ナンナン
次女モチモチ
の4人家族。
最新記事
最新コメント
[09/28 愛甲]
[12/21 愛甲]
[12/20 愛甲]
[12/17 愛甲]
[01/31 よぼ爺]
[01/24 とまと]
[01/23 shigeki]
[01/21 K3]
[01/03 とまと]
[12/27 とまと]
最新トラックバック
ブログ内検索
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝、綾渡町(隣の集落)の方から電話がありました。

『モリアオガエルが木に卵を産み付けて、それが下の池に落ちている。
良かったら写真に撮ってください。』

わざわざお電話ありがとうございます
すぐさまカメラを持って現地に向かいました。

以前モリアオガエルの卵の話題を取り上げたときは、田のあぜ道に産み付けられた物でした。
しかし今回はこのような状況でした。



 
20100626_1.jpg
 
木の枝に卵が産み付けられています。



 
20100626_2.jpg

白い泡の中には小さなおたまじゃくしがクネクネしています。
そして下の池に落ちていくわけです。
しかし池にはおたまじゃくしが落ちてくるのを今か今かと待っているものがいます。



 
20100626_3.jpg

写真では小さくて見ずらいのですが、イモリが2匹悠々と泳いでいます。
落ちてきたおたまじゃくしはイモリに食べられてしまいます。
これを見たお電話を下さった方のおじい様が可哀そうだと思われてこんな事をされました。



 
20100626_4.jpg

水を溜めた大きな受け皿が下に置いてありました。



 
20100626_5.jpg

そこには沢山のおたまじゃくしがいました。



 
20100626_6.jpg

体長は15mm程。
普段田で見ているおたまじゃくしとは違い、はるかに小さいです。
可愛らしいですね。
みんな、喜んで泳いでいるように見えました。

改めて周りを観察してみると、こんな場所にも卵がありました。



 
20100626_7.jpg

人間が作った人工物を上手く利用しています。



 
20100626_8.jpg
 
アップにすると



 
20100626_9.jpg
 
こんな高い場所にもありました。
子孫を残すために命がけです。
よくあんな高い場所まで登っていったのだと感心します。

だけど先ほどの木は手前に倒れていました。
実際はこのように上にあったのではないかと思いもう一度木を観察してみました。



 
20100626_10.jpg

やはりロープを使って木が傾くように縛ってありました。
おじい様ナイスです
これですくすくと育ってくれるといいなと思いました。

その他にも少し写真を撮ってきましたので掲載します。




 
20100626_11.jpg

20100626_12.jpg

20100626_13.jpg

20100626_14.jpg

20100626_15.jpg

ここ綾渡町は平勝寺という名の寺があります。

▼平勝寺
http://heishoji00.boo-log.com/

そこで行われる国指定無形民俗文化財に指定された『綾渡の夜念仏と盆踊り』
人生の無常感、哀愁、言葉で言い表せない境地に引き込まれてゆきます。
興味がありましたら是非お足を運びください。

綾渡町、好きな場所です。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
カスタム検索
Copyright ©  水の如く All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]